「笹の舟で海をわたる」角田光代著

公開日: 更新日:

 朝鮮戦争の好景気に活気づく東京・銀座のデパートで、勤め帰りの左織は、同年代の見知らぬ若い女性に声をかけられる。風美子と名乗る女性は、戦時中、いじめが横行した学童疎開先で、左織に優しくしてもらったのだという。だが、少女時代の過酷な記憶を心の奥にしまい込んでいた左織は、思い出すことができない。

 それでも、この偶然の出会いをきっかけに2人は親しくなり、ついに義理の姉妹になる。左織の夫の実弟と風美子が結婚したのだ。

 疎開体験を共有する2人だが、戦後は全く違う人生を歩むことになる。

 左織は2人の子を持つ専業主婦。戦争で家族を全て失った風美子は自分の力で這い上がり、料理研究家として脚光を浴びる。保守的で自分の意見を持たない左織には、風美子の生き方がまぶしい。自分の家庭に深く入り込み、反抗的な娘が自分より風美子になついていることに嫉妬を覚える。最初の出会いは本当に偶然だったのか?左織は疑念をぬぐいきれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る