• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「自覚 隠蔽捜査5.5」今野敏著

 今年の1~3月連続TVドラマ化された人気シリーズの最新第7作。5.5とあるように、シリーズ本編ではなくスピンオフの短編集。本編の主人公・竜崎伸也は元警察庁長官官房総務課課長。キャリアの出世コースを歩んでいたが、家庭内の不祥事のため東京・大森署の署長に降格。情や権威・慣習に左右されることなく原理原則に忠実な彼を、周囲は「変人」と揶揄する。本作では、竜崎を取り巻く7人それぞれの視点からこの特異なキャリア官僚の姿を描く。

 大森署副署長の貝沼は、新聞記者への情報漏洩問題で苦慮するが、合理性の塊のような竜崎の判断に感心させられる(「漏洩」)。かつて竜崎を恋の病に陥らせた女性キャリア・畠山美奈子はハイジャック対応のスカイマーシャルの訓練を命じられる。男に交じっての訓練に自信を失うが、竜崎の的確な助言により危機を脱する(「訓練」)。

 その他、野間崎管理官、大森署の関本刑事課長、久米地域課長、小松強行犯係長、そして竜崎の幼馴染みで同期の伊丹警視庁刑事部長など、シリーズお馴染みの面々が登場。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る