「自覚 隠蔽捜査5.5」今野敏著

公開日:  更新日:

 今年の1~3月連続TVドラマ化された人気シリーズの最新第7作。5.5とあるように、シリーズ本編ではなくスピンオフの短編集。本編の主人公・竜崎伸也は元警察庁長官官房総務課課長。キャリアの出世コースを歩んでいたが、家庭内の不祥事のため東京・大森署の署長に降格。情や権威・慣習に左右されることなく原理原則に忠実な彼を、周囲は「変人」と揶揄する。本作では、竜崎を取り巻く7人それぞれの視点からこの特異なキャリア官僚の姿を描く。

 大森署副署長の貝沼は、新聞記者への情報漏洩問題で苦慮するが、合理性の塊のような竜崎の判断に感心させられる(「漏洩」)。かつて竜崎を恋の病に陥らせた女性キャリア・畠山美奈子はハイジャック対応のスカイマーシャルの訓練を命じられる。男に交じっての訓練に自信を失うが、竜崎の的確な助言により危機を脱する(「訓練」)。

 その他、野間崎管理官、大森署の関本刑事課長、久米地域課長、小松強行犯係長、そして竜崎の幼馴染みで同期の伊丹警視庁刑事部長など、シリーズお馴染みの面々が登場。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る