「自覚 隠蔽捜査5.5」今野敏著

公開日:  更新日:

 今年の1~3月連続TVドラマ化された人気シリーズの最新第7作。5.5とあるように、シリーズ本編ではなくスピンオフの短編集。本編の主人公・竜崎伸也は元警察庁長官官房総務課課長。キャリアの出世コースを歩んでいたが、家庭内の不祥事のため東京・大森署の署長に降格。情や権威・慣習に左右されることなく原理原則に忠実な彼を、周囲は「変人」と揶揄する。本作では、竜崎を取り巻く7人それぞれの視点からこの特異なキャリア官僚の姿を描く。

 大森署副署長の貝沼は、新聞記者への情報漏洩問題で苦慮するが、合理性の塊のような竜崎の判断に感心させられる(「漏洩」)。かつて竜崎を恋の病に陥らせた女性キャリア・畠山美奈子はハイジャック対応のスカイマーシャルの訓練を命じられる。男に交じっての訓練に自信を失うが、竜崎の的確な助言により危機を脱する(「訓練」)。

 その他、野間崎管理官、大森署の関本刑事課長、久米地域課長、小松強行犯係長、そして竜崎の幼馴染みで同期の伊丹警視庁刑事部長など、シリーズお馴染みの面々が登場。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る