• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「自覚 隠蔽捜査5.5」今野敏著

 今年の1~3月連続TVドラマ化された人気シリーズの最新第7作。5.5とあるように、シリーズ本編ではなくスピンオフの短編集。本編の主人公・竜崎伸也は元警察庁長官官房総務課課長。キャリアの出世コースを歩んでいたが、家庭内の不祥事のため東京・大森署の署長に降格。情や権威・慣習に左右されることなく原理原則に忠実な彼を、周囲は「変人」と揶揄する。本作では、竜崎を取り巻く7人それぞれの視点からこの特異なキャリア官僚の姿を描く。

 大森署副署長の貝沼は、新聞記者への情報漏洩問題で苦慮するが、合理性の塊のような竜崎の判断に感心させられる(「漏洩」)。かつて竜崎を恋の病に陥らせた女性キャリア・畠山美奈子はハイジャック対応のスカイマーシャルの訓練を命じられる。男に交じっての訓練に自信を失うが、竜崎の的確な助言により危機を脱する(「訓練」)。

 その他、野間崎管理官、大森署の関本刑事課長、久米地域課長、小松強行犯係長、そして竜崎の幼馴染みで同期の伊丹警視庁刑事部長など、シリーズお馴染みの面々が登場。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る