人類永遠のテーマ「夫婦」の物語

公開日:  更新日:

「あい 永遠に在り」髙田郁著

 上総の寒村で農家の三女に生まれたあいは、幼いころから糸を紡ぐのが上手で、伯母の年子に機織りを学ぶ。18歳になったとき、年子夫妻の養子・関寛斎に嫁ぐ。嘉永5年、佐倉で医術を学んでいた寛斎は、結婚を機に村に戻り開業するが、医院は開店休業状態が続く。師の勧めで銚子に移った2人は、貧しい者からは治療代も取らず、自らは質素な生活を貫き、人々の信頼を得る。

 やがて寛斎は、地元の名士・濱口の援助を受け念願の長崎への留学を果たす。

 そして明治になり、患者に尽くす寛斎と誰よりも夫を理解するあいは、開拓地北海道を目指す。

 幕末から明治へと激動の時代を生きた夫婦の愛と絆を描く歴史長編。

(角川春樹事務所 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る