• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人類永遠のテーマ「夫婦」の物語

「あい 永遠に在り」髙田郁著

 上総の寒村で農家の三女に生まれたあいは、幼いころから糸を紡ぐのが上手で、伯母の年子に機織りを学ぶ。18歳になったとき、年子夫妻の養子・関寛斎に嫁ぐ。嘉永5年、佐倉で医術を学んでいた寛斎は、結婚を機に村に戻り開業するが、医院は開店休業状態が続く。師の勧めで銚子に移った2人は、貧しい者からは治療代も取らず、自らは質素な生活を貫き、人々の信頼を得る。

 やがて寛斎は、地元の名士・濱口の援助を受け念願の長崎への留学を果たす。

 そして明治になり、患者に尽くす寛斎と誰よりも夫を理解するあいは、開拓地北海道を目指す。

 幕末から明治へと激動の時代を生きた夫婦の愛と絆を描く歴史長編。

(角川春樹事務所 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る