「生きていく食事」神足裕司、神足明子著

公開日: 更新日:

「恨ミシュラン」など食に関するベストセラーをはじめ、多くの著作を持つコラムニストの神足裕司氏。2011年にくも膜下出血で倒れ、一命は取り留めたものの介護認定5の後遺症が残った。

 しかし、希代の食いしん坊である彼の“生きたい”という力と、その思いに応えて食事を作り続け、献身的に介護してきた妻の支えによって、執筆活動ができるまでに回復している。本書は、3年にわたる介護の日々を、食事をテーマに書き下ろした夫婦共著のエッセー。眠っていた脳機能を目覚めさせるツールとして、味だけでなく料理をする音や匂いがどれほど高い効果を発揮するかが分かる。

 テリー伊藤氏や吉川晃司氏など、著者の友人たちによる応援コラムも掲載している。

(主婦の友インフォス情報社 1500円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る