• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「十津川警部 特急「しまかぜ」で行く十五歳の伊勢神宮」西村京太郎著

 85歳の野々村は、15歳の孫・翔を伴い、近鉄特急「しまかぜ」で生まれ故郷の伊勢に向かう。70年ぶりの帰郷だった。終戦間際、旧制中学4年の野々村たちは、極端な国家主義思想を持つ校長の指示で、竹やりで伊勢神宮を守る訓練を強制された。さらに、アメリカ軍の落下傘部隊の来襲を警戒し、夜間の見張りまでさせられていた。

 昭和20年7月の空襲の際の見張り中、友人の加藤が行方不明になる。その真相を知る野々村は、今回、友人らに真実を打ち明けるつもりだったが、果たせずに故郷を後にする。数日後、野々村の秘密を知っていると思われる人物から脅迫状が届く。

 人気旅情シリーズ最新刊。

(集英社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る