「旅はワン連れ」片野ゆか著

公開日:  更新日:

 愛犬の「ビビり」癖を直すため日本を飛び出した一家の旅エッセー。

 愛犬マドは、殺処分寸前に救い出された保護犬。臆病で、すべてにオドオド、ビクビクしてしまう。そんなビビりを撲滅しようと夫婦は行き慣れたタイへの旅行を計画。最大の壁だった動物検疫手続きも3カ月前からの準備で何とかクリアしてタイに降り立つ。しかし、公園は犬の散歩が禁止されているため、街中を歩けばノーリードの現地犬が集まってくるなどハプニングも続発。それでも、マドは旅を続けていく中でそれまで距離のあった夫(高野秀行氏)とも仲良くなり、家族はひとつの「群れ」になってくる。犬連れ海外旅行のノウハウも満載のおすすめ本。

(ポプラ社 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る