「大江戸坂道探訪」山野勝著

公開日:  更新日:

 都内には江戸時代に命名された坂が500余も残っているという。江戸以降に開設された坂道も含め、2~3時間で歩ける100コースを案内してくれる坂道散歩ガイド。

 著者が最も美しい江戸の坂のひとつに挙げるのが「紀尾井坂」。坂をはさんで紀伊和歌山藩徳川家、尾張名古屋藩徳川家、近江彦根藩井伊家の三家の屋敷の文字をつないで命名された坂名が、町名へと発展したという。その紀尾井坂を出発点にして「三宅坂」や「三年坂」など、国会議事堂周辺を歩くだけでも19の坂道を巡ることができる。判じ物めいた坂名の由来や周辺の史跡、名所なども網羅。江戸の面影が感じられる坂道散歩の勧め。
(朝日新聞出版 680円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る