「大江戸坂道探訪」山野勝著

公開日:  更新日:

 都内には江戸時代に命名された坂が500余も残っているという。江戸以降に開設された坂道も含め、2~3時間で歩ける100コースを案内してくれる坂道散歩ガイド。

 著者が最も美しい江戸の坂のひとつに挙げるのが「紀尾井坂」。坂をはさんで紀伊和歌山藩徳川家、尾張名古屋藩徳川家、近江彦根藩井伊家の三家の屋敷の文字をつないで命名された坂名が、町名へと発展したという。その紀尾井坂を出発点にして「三宅坂」や「三年坂」など、国会議事堂周辺を歩くだけでも19の坂道を巡ることができる。判じ物めいた坂名の由来や周辺の史跡、名所なども網羅。江戸の面影が感じられる坂道散歩の勧め。
(朝日新聞出版 680円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る