「大東京ぐるぐる自転車」伊藤礼著

公開日:  更新日:

 68歳から自転車に乗りだして10余年、元大学教授の著者は、今やどこに行くにも自転車だ。ペースメーカーを装着した体で、4万キロを走破してきたという氏による自転車エッセー。

 事のはじまりは、勤務先の大学に自転車で行ってみようと思い立ったこと。12キロの道のりをたった1・5キロこいだだけで力尽き、立ち尽くしてしまったという。しかし、ときには骨折するほどの転倒を味わいながらも次第に自転車に慣れ親しむ。渋滞を避け横道に入れば、高校生のときに新聞で読んだ老舗タイヤキ屋に遭遇、公園の石碑の銘文に、永井荷風の一文を思い出すなど、自転車視点ならではの東京散歩の成果をつづる。

(筑摩書房 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る