「荒木飛呂彦の漫画術」荒木飛呂彦著

公開日:  更新日:

「荒木先生、こんなことまで書いてしまっていいんですか」と聞きたくなるほど、懇切丁寧かつ実践的な漫画の指南書である。

 高校時代から漫画を投稿しはじめ、19歳のとき「週刊少年ジャンプ」に掲載された「武装ポーカー」で漫画家デビュー。代表作「ジョジョの奇妙な冒険」は長期連載を続けている。しかし、漫画家への道は平坦ではなかった。編集者は鬼だった。

 原稿を持ち込んでも、1ページ目をチラッと見ただけで袋に戻してしまう編集者に、最初の1ページをめくらせるにはどうしたらいいか。この切実な体験から漫画術は説き起こされ、奥義へと進んでいく。

 漫画の「基本4大構造」とは、「キャラクター」「ストーリー」「世界観」、そして「テーマ」。互いに深く影響を及ぼし合っているこの4つを統括し、つないでいるのが「絵」であり、セリフが絵を補う構造になっているという。なるほどそうだったのか……。漫画家の手の内を知ると、漫画の読み方が深まりそうだ。

 著者はこの本を、「王道漫画」に行き着く「黄金の道」を示す地図と位置づけている。時代を超えて読み継がれる作品を描いてほしいという、後進への熱いエールが伝わってくる。(集英社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る