• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「荒木飛呂彦の漫画術」荒木飛呂彦著

「荒木先生、こんなことまで書いてしまっていいんですか」と聞きたくなるほど、懇切丁寧かつ実践的な漫画の指南書である。

 高校時代から漫画を投稿しはじめ、19歳のとき「週刊少年ジャンプ」に掲載された「武装ポーカー」で漫画家デビュー。代表作「ジョジョの奇妙な冒険」は長期連載を続けている。しかし、漫画家への道は平坦ではなかった。編集者は鬼だった。

 原稿を持ち込んでも、1ページ目をチラッと見ただけで袋に戻してしまう編集者に、最初の1ページをめくらせるにはどうしたらいいか。この切実な体験から漫画術は説き起こされ、奥義へと進んでいく。

 漫画の「基本4大構造」とは、「キャラクター」「ストーリー」「世界観」、そして「テーマ」。互いに深く影響を及ぼし合っているこの4つを統括し、つないでいるのが「絵」であり、セリフが絵を補う構造になっているという。なるほどそうだったのか……。漫画家の手の内を知ると、漫画の読み方が深まりそうだ。

 著者はこの本を、「王道漫画」に行き着く「黄金の道」を示す地図と位置づけている。時代を超えて読み継がれる作品を描いてほしいという、後進への熱いエールが伝わってくる。(集英社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る