「動物記」高橋源一郎著

公開日: 更新日:

 人間ではなく「動物」を物語の軸に据えた短編から成る実験的短編小説集。ご老公さまと呼ばれるシカが、スケさんカクさんと称されるタヌキとキツネを率いて森の動物たちの騒動を一件落着に導く「動物の謝肉祭」、結婚5年で不妊に悩むパンダと、キャバクラ通いの夫をもてあますチーターと、子どもを預けて働くことを夫と姑に反対されるカンガルーの物語「家庭の事情」、突然人間が消えた世界に残された犬が言葉を覚えて社会をつくるようになった「そして、いつの日にか」、ある日目を覚ますと人間になっていたオオアリクイの物語「変身」など、計9編が収録されている。

 なかでも、連作として3編書かれた「文章教室1~3」は興味深い。動物に文章を教える教師が主人公という設定で書かれたこれらの短編には、人と異なる動物の視点、動物の寿命に応じた生命観、人間の価値観の外にある世界をなんとか言葉でつかまえようとする試みがある。言葉を持たない動物の視点を軸に据えたからこそ、ナンセンスでユーモラスな小説を超えて、人間の歪みや奇妙さがシニカルに浮かび上がってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る