「動物記」高橋源一郎著

公開日:  更新日:

 人間ではなく「動物」を物語の軸に据えた短編から成る実験的短編小説集。ご老公さまと呼ばれるシカが、スケさんカクさんと称されるタヌキとキツネを率いて森の動物たちの騒動を一件落着に導く「動物の謝肉祭」、結婚5年で不妊に悩むパンダと、キャバクラ通いの夫をもてあますチーターと、子どもを預けて働くことを夫と姑に反対されるカンガルーの物語「家庭の事情」、突然人間が消えた世界に残された犬が言葉を覚えて社会をつくるようになった「そして、いつの日にか」、ある日目を覚ますと人間になっていたオオアリクイの物語「変身」など、計9編が収録されている。

 なかでも、連作として3編書かれた「文章教室1~3」は興味深い。動物に文章を教える教師が主人公という設定で書かれたこれらの短編には、人と異なる動物の視点、動物の寿命に応じた生命観、人間の価値観の外にある世界をなんとか言葉でつかまえようとする試みがある。言葉を持たない動物の視点を軸に据えたからこそ、ナンセンスでユーモラスな小説を超えて、人間の歪みや奇妙さがシニカルに浮かび上がってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る