• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「一〇三歳になってわかったこと」篠田桃紅著

 芸術家はなべて長寿だといわれるが、さすがに数え年103歳で現役、しかも第一線の美術家となると例がない。本書は、墨を基調とした抽象画で世界的な名声を誇る著者が、100歳を越えて初めて見えてきたという人生の風景をつづったもの。

 いわく、90代までは、その考えや生き方を参考にする先人がいたが、100歳を越えると前例も手本もない。全部自分で創造して生きていかなければならない。要するに、「歳をとるということはクリエイトする」ことである、と。また「歳をとるにつれ、自由の範囲が無限に広がった」ように思えるという。たとえば100歳を過ぎた著者が冠婚葬祭を欠席しても、誰もとがめはしないし、事前の出欠を強要されないし、行けばたいそう喜ばれる。何かの責任や義理はなく、気楽に生きていける。そう、「百歳はこの世の治外法権」なのだ。

 生涯独身を貫き自由を求めて生きてきた著者ならではの、すがすがしく深みのある言葉が並ぶ。凡人にはとてもその高みに達することはできないが、これらの言葉に触れるだけで、元気が湧いてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る