「一〇三歳になってわかったこと」篠田桃紅著

公開日:  更新日:

 芸術家はなべて長寿だといわれるが、さすがに数え年103歳で現役、しかも第一線の美術家となると例がない。本書は、墨を基調とした抽象画で世界的な名声を誇る著者が、100歳を越えて初めて見えてきたという人生の風景をつづったもの。

 いわく、90代までは、その考えや生き方を参考にする先人がいたが、100歳を越えると前例も手本もない。全部自分で創造して生きていかなければならない。要するに、「歳をとるということはクリエイトする」ことである、と。また「歳をとるにつれ、自由の範囲が無限に広がった」ように思えるという。たとえば100歳を過ぎた著者が冠婚葬祭を欠席しても、誰もとがめはしないし、事前の出欠を強要されないし、行けばたいそう喜ばれる。何かの責任や義理はなく、気楽に生きていける。そう、「百歳はこの世の治外法権」なのだ。

 生涯独身を貫き自由を求めて生きてきた著者ならではの、すがすがしく深みのある言葉が並ぶ。凡人にはとてもその高みに達することはできないが、これらの言葉に触れるだけで、元気が湧いてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る