「なんでもホルモン」伊藤裕著

公開日:  更新日:

 性格から恋愛、睡眠の深さ、食欲、老化のスピード、そして寿命まで人間生活のすべての鍵を握るホルモンの仕組みを教えてくれる科学読み物。

 細胞で作られるホルモンは、血管を移動して別の細胞に働きかけて興奮させる「興奮伝達物質」で、現在100種類以上が見つかっている。マウスの実験からは、心臓や神経を若返らせるホルモンがあることも分かっているという。ホルモンにはアミノ酸で作られるものと、コレステロールから作られるものの2つのグループがある。そんなホルモンの基礎から、成長ホルモンや男性・女性ホルモンなど、特徴ある10大ホルモンと体との関係、そして強化法まで解説。(朝日新聞出版 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る