「涙のあとは乾く」キャサリン・ジェーン・フィッシャー著、井上里訳

公開日:  更新日:

 2002年、横須賀の米軍基地の近くで恋人を待っていたとき、著者は米兵にレイプされた。神奈川県警は捜査やレイプの証拠保全は後回しにして、ショックを受けている著者を犯行現場に連れていき、体に巻き付けた毛布をはぎ取ってレイプされた場所を指さすように命令して写真を撮った。東京地裁では勝訴したのに、犯人の米兵は除隊し、帰国した。著者はセカンドレイプを行ったと神奈川県警を訴えたが、最高裁で敗訴。後に著者は、日本政府が米兵の犯罪を看過するという密約があることを知る。

 正義を求めて日本の警察と米軍を相手に闘ったオーストラリア女性の記録。

(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る