「貧困の倫理学」馬渕浩二著

公開日: 更新日:

 地球上の8人に1人が飢餓に苦しむ今、豊かな先進国に暮らしながら、世界の貧困問題を放置することは倫理的に許されるのか。この問いに取り組む先人たちの思想を紹介しながら、現代の倫理のあり方を提示する思索のための手引書。

 関係者の利益を増大させよという功利主義的な原則を採用する哲学者シンガーは、援助によって多数の貧困者の利益が増大するゆえに、豊かな国の住人には援助の義務があると説く。功利主義の対極にあるカント倫理学を採用するオニールは、「カント的に正しい世界」にもとづき、困窮した他者に対する援助を正当化する。各理論とそれに対する批判の論点を解説しながら、貧困問題に対する我々の義務について考える。

(平凡社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  7. 7

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  10. 10

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

もっと見る

人気キーワード