『世界「比較貧困学」入門』石井光太著

公開日:  更新日:

■日本国民の6人に1人が“相対的”貧困の現実

 世界の極貧地域や裏社会を歩いてきたノンフィクション作家が取り組む貧困問題。特に世界的な視野の中に日本の「相対的貧困」を位置づけようとする試みだ。

「1日1.25ドル以下での暮らし」を基準とする絶対的貧困は日本には希少。しかし「等価可処分所得が全人口の中央値の半分未満」という相対的貧困で見ると、単身所得が約150万円以下となり、日本では国民の6人に1人が当てはまる。ではその実態はどうか。たとえば貧困者は世界的にスラムを形成し、固まって住むことで少しでも安心を得ようとする。しかし日本では経済成長と中途半端な福祉政策がコミュニティーとしての低所得地帯を解体し、いまは旧に復する可能性もない。

 充実した義務教育制度のおかげで日本は識字率の高さを維持しているが、子どもたちの家庭環境の差を考慮しない平等教育のために低所得世帯の子どもたちは小さなころから劣等感を植え付けられるばかりになっている。犯罪、食生活、性、病と死など多岐にわたって世界との比較を試みている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る