『世界「比較貧困学」入門』石井光太著

公開日: 更新日:

■日本国民の6人に1人が“相対的”貧困の現実

 世界の極貧地域や裏社会を歩いてきたノンフィクション作家が取り組む貧困問題。特に世界的な視野の中に日本の「相対的貧困」を位置づけようとする試みだ。

「1日1.25ドル以下での暮らし」を基準とする絶対的貧困は日本には希少。しかし「等価可処分所得が全人口の中央値の半分未満」という相対的貧困で見ると、単身所得が約150万円以下となり、日本では国民の6人に1人が当てはまる。ではその実態はどうか。たとえば貧困者は世界的にスラムを形成し、固まって住むことで少しでも安心を得ようとする。しかし日本では経済成長と中途半端な福祉政策がコミュニティーとしての低所得地帯を解体し、いまは旧に復する可能性もない。

 充実した義務教育制度のおかげで日本は識字率の高さを維持しているが、子どもたちの家庭環境の差を考慮しない平等教育のために低所得世帯の子どもたちは小さなころから劣等感を植え付けられるばかりになっている。犯罪、食生活、性、病と死など多岐にわたって世界との比較を試みている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る