「踊る昭和歌謡 リズムからみる大衆音楽」輪島裕介著

公開日: 更新日:

「大衆音楽」と「芸術音楽」は「踊り」か「鑑賞」かという享受(参加)のモードによって区分されると著者はいう。本書は、「不特定多数の大衆が娯楽として踊るための音楽」の日本での展開を追った大衆音楽史。

 近代日本の「娯楽としての踊る音楽」の起点は明治の鹿鳴館。以後、社交ダンスが定着し、娯楽として踊る人々が現れた。大正末期から昭和初期にかけ「ジャズ・エージ」が幕を開け、ダンスホールが興隆。一方で昭和8年の「東京音頭」の流行を機に盆踊りが再編され、現在まで続く形式が整えられる。以後、昭和30年代のマンボやドドンパにはじまりピンク・レディーやユーロビートに至るまで、昭和の大衆音楽の系譜をたどる。

(NHK出版 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  2. 2

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  8. 8

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  9. 9

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  10. 10

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

もっと見る

人気キーワード