「踊る昭和歌謡 リズムからみる大衆音楽」輪島裕介著

公開日: 更新日:

「大衆音楽」と「芸術音楽」は「踊り」か「鑑賞」かという享受(参加)のモードによって区分されると著者はいう。本書は、「不特定多数の大衆が娯楽として踊るための音楽」の日本での展開を追った大衆音楽史。

 近代日本の「娯楽としての踊る音楽」の起点は明治の鹿鳴館。以後、社交ダンスが定着し、娯楽として踊る人々が現れた。大正末期から昭和初期にかけ「ジャズ・エージ」が幕を開け、ダンスホールが興隆。一方で昭和8年の「東京音頭」の流行を機に盆踊りが再編され、現在まで続く形式が整えられる。以後、昭和30年代のマンボやドドンパにはじまりピンク・レディーやユーロビートに至るまで、昭和の大衆音楽の系譜をたどる。

(NHK出版 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  6. 6

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  7. 7

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  8. 8

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  9. 9

    嵐が会見で語らなかった密着ドキュメンタリーの世界戦略

  10. 10

    GM会議でも評価低く…西武・秋山に囁かれる年齢以外の問題

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る