• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「戦場カメラマン沢田教一の眼」斉藤光政・編集 沢田タカ・協力

 戦火に追われた母子が胸まで水につかりながら必死の形相で川を渡ろうとしている姿を撮影した一枚の写真。ベトナム戦争の実情を凝縮した「安全への逃避」と題されたこの報道写真で、ジャーナリズムの最高峰ピュリツァー賞を受賞した戦場カメラマン、沢田教一の作品を集大成した写真集である。

 青森県・三沢の米軍基地内にある写真店で働いていた沢田は、プロカメラマンを志し上京。知人の紹介で運よくアメリカの通信社の東京支局に入社するが、1965年、休職して自費でベトナムへと旅立つ。

「安全への逃避」の他にも、ベトコン(南ベトナム解放民族戦線)兵士の遺体を戦果として引きずる米軍の装甲車を撮影した「泥まみれの死」などの代表作をはじめ、ベトコンの疑いをかけられ銃を向けられて命乞いする老婆や、ジャングルでの緊迫した戦いの様子、そして報道陣の中で一番乗りを果たし、海兵隊員すらその激しい肉弾戦に怯え泣き叫んだという古都フエでの攻防戦を撮影した一連の写真など。白黒で伝えられた戦場の現実は、命のやりとりが行われている現場のギリギリとした緊張感に満ちている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る