「戦場カメラマン沢田教一の眼」斉藤光政・編集 沢田タカ・協力

公開日: 更新日:

 戦火に追われた母子が胸まで水につかりながら必死の形相で川を渡ろうとしている姿を撮影した一枚の写真。ベトナム戦争の実情を凝縮した「安全への逃避」と題されたこの報道写真で、ジャーナリズムの最高峰ピュリツァー賞を受賞した戦場カメラマン、沢田教一の作品を集大成した写真集である。

 青森県・三沢の米軍基地内にある写真店で働いていた沢田は、プロカメラマンを志し上京。知人の紹介で運よくアメリカの通信社の東京支局に入社するが、1965年、休職して自費でベトナムへと旅立つ。

「安全への逃避」の他にも、ベトコン(南ベトナム解放民族戦線)兵士の遺体を戦果として引きずる米軍の装甲車を撮影した「泥まみれの死」などの代表作をはじめ、ベトコンの疑いをかけられ銃を向けられて命乞いする老婆や、ジャングルでの緊迫した戦いの様子、そして報道陣の中で一番乗りを果たし、海兵隊員すらその激しい肉弾戦に怯え泣き叫んだという古都フエでの攻防戦を撮影した一連の写真など。白黒で伝えられた戦場の現実は、命のやりとりが行われている現場のギリギリとした緊張感に満ちている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る