• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「京の暖簾と看板」竹本大亀著 渡部巌写真

 人の顔にも例えられる暖簾や看板には、その店が積み重ねてきた歴史と、培ってきた風格がにじみ出る。本書は、老舗が軒を連ねる京都の街を彩る暖簾や看板を並べた写真集。
 まずは料理屋。

 宮中や宮家に料理を供する西陣の有職料理の老舗「萬亀楼」の暖簾は、白無地の麻暖簾に魚紋を模して屋号が墨書されており、シンプルでありながら、凝った意匠で格式の高さを感じさせる。かと思えば、窯焼き料理の「エンボカ 京都」の大ぶりの長暖簾は、茶鼠の渋い生地に地紋のように小さなロゴを配し、さらにその上に大きく赤でロゴを描き「伝統と斬新の共存」に挑む。

 その他、屋号の二字を鶴になぞらえて作り上げた独特の意匠を染めた「本家 たん熊本店」の暖簾や、真っ白な木綿の五幅の暖簾の真ん中に屋号だけが縦書きされた素朴さが潔い鯖姿寿司の「いづう」、「梅枝丸」の家紋が描かれた幔幕とその奥に下げられた暖簾が心地よいリズムを作りだす京料理「高台寺 土井」など。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る