「京の暖簾と看板」竹本大亀著 渡部巌写真

公開日:  更新日:

 人の顔にも例えられる暖簾や看板には、その店が積み重ねてきた歴史と、培ってきた風格がにじみ出る。本書は、老舗が軒を連ねる京都の街を彩る暖簾や看板を並べた写真集。
 まずは料理屋。

 宮中や宮家に料理を供する西陣の有職料理の老舗「萬亀楼」の暖簾は、白無地の麻暖簾に魚紋を模して屋号が墨書されており、シンプルでありながら、凝った意匠で格式の高さを感じさせる。かと思えば、窯焼き料理の「エンボカ 京都」の大ぶりの長暖簾は、茶鼠の渋い生地に地紋のように小さなロゴを配し、さらにその上に大きく赤でロゴを描き「伝統と斬新の共存」に挑む。

 その他、屋号の二字を鶴になぞらえて作り上げた独特の意匠を染めた「本家 たん熊本店」の暖簾や、真っ白な木綿の五幅の暖簾の真ん中に屋号だけが縦書きされた素朴さが潔い鯖姿寿司の「いづう」、「梅枝丸」の家紋が描かれた幔幕とその奥に下げられた暖簾が心地よいリズムを作りだす京料理「高台寺 土井」など。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る