「写真で楽しむ究極のまちがい探し」マシュー・ローウィング編、ダニー・ボールドウィン制作、斎藤静代訳

公開日: 更新日:

 地平線まで宝石をちりばめたように光り輝くニューヨークの摩天楼の夜景、無数の歯車が重なり合う古びた時計の中身のアップ、リオデジャネイロの丘の斜面を埋め尽くしたスラム街、そしてお馴染みの渋谷のスクランブル交差点。

 どれも考えられた構図と高度な撮影技術で極上の写真作品に仕上がっているのだが、写真集にしては写真の選択に脈絡がなく、おまけに左右見開きに同じ風景が並んでいる。書名を知らずに手に取ったら首をかしげていたことだろう。

 本書は、「間違い探しクイズ」をイラストではなく、写真でやってしまおうという試み。

 それも、通常はちょっとした隙間時間に楽しむためのものとして5カ所くらいの間違いを探すのが定番だが、何と写真1枚に50カ所の間違いがあるのだ。概要が分かったところでもう一度、冒頭の風景を頭に思い描いて欲しい。摩天楼にそびえるさまざまな高層ビルの無数の窓のそれぞれの明暗や、どれ一つ同じものがなく規則性もなく並んだスラム街の家々、そして渋谷のスクランブル交差点を行き交う人々などを一つ一つ見比べ、目を凝らし、その違いを見つけていかなければならないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る

人気キーワード