「沈みゆく大国アメリカ〈逃げ切れ!日本の医療〉」堤未果氏

公開日: 更新日:

「アメリカで長く取材してきましたが、父の入院で初めて日本の医療に向き合い、日本の国民皆保険のすばらしさに気づかされました。健康保険証1枚あれば、いつでもどこでも、少ない自己負担分で医療を受けられます。アメリカでは200万円はする盲腸手術も日本では9万円程度。そんなことは日本人には当たり前なのですが、これは世界から羨ましがられる、数少ない日本の宝なんですね」

 1961年、国民皆保険が成立し、会社員、公務員、自営業者やその家族、無業者も保険に加入するようになったが、こうした公的保険は世界でも珍しい。また、1カ月間に負担する医療費の上限が決まっていて、それ以上の医療費は国が負担する「高額療養費制度」も、世界が嫉妬するシステムだ。

 ところが、そのありがたみを忘れている間に、じわじわとアメリカの強欲資本主義が日本を狙い、じわじわと扉を開けてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る