• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「家族という病」下重暁子氏

 穏やかならぬタイトルである。

「多くの人が、家族は絆で結ばれていると信じているけれど、それは幻想でしかありません。親子でも夫婦でも、相手がどんな価値観を持っているか本当に分かっている人は少ないからです。なのに、一緒に暮らしているからお互いをよく知っている、愛し合っていると思い込んでしまう。それが大小さまざまな問題を引き起こし、また生きにくくしているんですね。私の目には、多くの人が家族関係や理想にとらわれ、身動きできなくなっているように見えます」

 家族にとらわれることの問題のひとつは、個性が没することだという。他人なら知るために努力し、考え方の違いを認めようとするが、こと家族間になると、相手も自分も「父」や「息子」などの役割に当てはめ、個人のありようを見ようとしなくなる。独り立ちできない子ども、また殺人事件は親子間が最も多いという現状には、「分かっているはず」や「親なんだから」という甘えや期待があると著者は指摘する。さらに、個性の封じ込めは“幸福な仲良し家族像”の偽装につながり、結果、どんどん排他的になっていくとも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る