「家族という病」下重暁子氏

公開日: 更新日:

 穏やかならぬタイトルである。

「多くの人が、家族は絆で結ばれていると信じているけれど、それは幻想でしかありません。親子でも夫婦でも、相手がどんな価値観を持っているか本当に分かっている人は少ないからです。なのに、一緒に暮らしているからお互いをよく知っている、愛し合っていると思い込んでしまう。それが大小さまざまな問題を引き起こし、また生きにくくしているんですね。私の目には、多くの人が家族関係や理想にとらわれ、身動きできなくなっているように見えます」

 家族にとらわれることの問題のひとつは、個性が没することだという。他人なら知るために努力し、考え方の違いを認めようとするが、こと家族間になると、相手も自分も「父」や「息子」などの役割に当てはめ、個人のありようを見ようとしなくなる。独り立ちできない子ども、また殺人事件は親子間が最も多いという現状には、「分かっているはず」や「親なんだから」という甘えや期待があると著者は指摘する。さらに、個性の封じ込めは“幸福な仲良し家族像”の偽装につながり、結果、どんどん排他的になっていくとも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る