「骨が語る日本人の歴史」片山一道氏

公開日: 更新日:

 縄文人は阿部寛のように体毛が多く、大きな目の濃い顔立ち、対照的に、弥生人はひげが少なく目は切れ長ののっぺりした樋口可南子のような顔。

 酒の席などで、自分の顔は縄文系か弥生系かと盛り上がった経験がある人もけっこういるのではないだろうか。

 しかし、それはまったくの勘違いだったのだ。

「縄文人は、日本列島全域を通じて同じような顔立ちをしていたので、ひとくくりにすることができます。一方、弥生時代の人々の顔はさまざまで、典型的な『弥生人顔』というものはありません。多くの人が『弥生人顔』と思っているものは、北部九州で発見された人骨から復元した、渡来人系の顔立ちのことだったんですね。西北九州、関東などから発見された弥生時代の人骨を見ると、縄文人と非常によく似た顔立ちをしています」


 なぜ西北九州や関東の人骨は無視されたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る

人気キーワード