「骨が語る日本人の歴史」片山一道氏

公開日:  更新日:

 縄文人は阿部寛のように体毛が多く、大きな目の濃い顔立ち、対照的に、弥生人はひげが少なく目は切れ長ののっぺりした樋口可南子のような顔。

 酒の席などで、自分の顔は縄文系か弥生系かと盛り上がった経験がある人もけっこういるのではないだろうか。

 しかし、それはまったくの勘違いだったのだ。

「縄文人は、日本列島全域を通じて同じような顔立ちをしていたので、ひとくくりにすることができます。一方、弥生時代の人々の顔はさまざまで、典型的な『弥生人顔』というものはありません。多くの人が『弥生人顔』と思っているものは、北部九州で発見された人骨から復元した、渡来人系の顔立ちのことだったんですね。西北九州、関東などから発見された弥生時代の人骨を見ると、縄文人と非常によく似た顔立ちをしています」


 なぜ西北九州や関東の人骨は無視されたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る