• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「鬼船の城塞」鳴神響一著

 寛保元(1741)年、将軍吉宗から火薬に用いる焔硝の増産を下命された鉄砲玉薬奉行の信之介は、伊豆の島々の探査に出る。だが、航海中、巨大な海賊船に襲われ、部下や水夫を皆殺しにされる。

 信之介は剣の腕を見込まれ、海賊の頭領の息子・兵庫によって、彼らが暮らす館島に客分として連れて行かれる。

 阿蘭党と名乗る海賊の根城・館島には、兵庫の父・備前守を筆頭に3000近い人々が暮らしていた。信之介は、ただ一人生き残ったことに忸怩たる思いを抱きながらも、兵庫らと次第に心を通わす。そんなある日、館島の沖合にこれまで見たこともない巨大船が現れる。異国の軍船だった。

 旗本と海賊との交流を描いた時代長編。

(角川春樹事務所 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  7. 7

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  10. 10

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

もっと見る