「鬼船の城塞」鳴神響一著

公開日:  更新日:

 寛保元(1741)年、将軍吉宗から火薬に用いる焔硝の増産を下命された鉄砲玉薬奉行の信之介は、伊豆の島々の探査に出る。だが、航海中、巨大な海賊船に襲われ、部下や水夫を皆殺しにされる。

 信之介は剣の腕を見込まれ、海賊の頭領の息子・兵庫によって、彼らが暮らす館島に客分として連れて行かれる。

 阿蘭党と名乗る海賊の根城・館島には、兵庫の父・備前守を筆頭に3000近い人々が暮らしていた。信之介は、ただ一人生き残ったことに忸怩たる思いを抱きながらも、兵庫らと次第に心を通わす。そんなある日、館島の沖合にこれまで見たこともない巨大船が現れる。異国の軍船だった。

 旗本と海賊との交流を描いた時代長編。

(角川春樹事務所 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る