「鬼船の城塞」鳴神響一著

公開日:  更新日:

 寛保元(1741)年、将軍吉宗から火薬に用いる焔硝の増産を下命された鉄砲玉薬奉行の信之介は、伊豆の島々の探査に出る。だが、航海中、巨大な海賊船に襲われ、部下や水夫を皆殺しにされる。

 信之介は剣の腕を見込まれ、海賊の頭領の息子・兵庫によって、彼らが暮らす館島に客分として連れて行かれる。

 阿蘭党と名乗る海賊の根城・館島には、兵庫の父・備前守を筆頭に3000近い人々が暮らしていた。信之介は、ただ一人生き残ったことに忸怩たる思いを抱きながらも、兵庫らと次第に心を通わす。そんなある日、館島の沖合にこれまで見たこともない巨大船が現れる。異国の軍船だった。

 旗本と海賊との交流を描いた時代長編。

(角川春樹事務所 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る