「沖縄の米軍基地 『県外移設』を考える」高橋哲哉著

公開日: 更新日:

 沖縄の米軍基地の県外移設を主張する論考。

 日本は琉球併合以降、辺野古新基地建設の強行にいたるまで、一貫して沖縄を自己利益のために利用してきたと批判。日米安保体制・自衛隊・憲法9条の3点セットで成り立ってきた戦後日本の平和は、沖縄を犠牲とすることで初めて可能だったのではないかと問いかけ、沖縄を利用し、犠牲にしてきた「本土」側の責任を考える。沖縄に米軍基地が集中する歴史と構造を改めて振り返り、基地を巡るさまざまな言説を読み解き、日本人に広がる無意識的な沖縄差別・植民地主義の浸透を指摘。安全保障の代価を沖縄に押し付けず、今こそ基地の県外移設を真剣に考えるべきだと説く。(集英社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  3. 3

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  4. 4

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    ヤクザ役で活躍「ピラニア軍団」故・志賀勝さんの強面伝説

  9. 8

    テラハ問題で木村花さん母が告発 フジ“ヤラセ教唆”の罪深さ

  10. 9

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  11. 10

    政財界の大物たちが役員を務める「受け入れ団体」の怪しさ

もっと見る