「沖縄の米軍基地 『県外移設』を考える」高橋哲哉著

公開日:  更新日:

 沖縄の米軍基地の県外移設を主張する論考。

 日本は琉球併合以降、辺野古新基地建設の強行にいたるまで、一貫して沖縄を自己利益のために利用してきたと批判。日米安保体制・自衛隊・憲法9条の3点セットで成り立ってきた戦後日本の平和は、沖縄を犠牲とすることで初めて可能だったのではないかと問いかけ、沖縄を利用し、犠牲にしてきた「本土」側の責任を考える。沖縄に米軍基地が集中する歴史と構造を改めて振り返り、基地を巡るさまざまな言説を読み解き、日本人に広がる無意識的な沖縄差別・植民地主義の浸透を指摘。安全保障の代価を沖縄に押し付けず、今こそ基地の県外移設を真剣に考えるべきだと説く。(集英社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る