「沖縄の米軍基地 『県外移設』を考える」高橋哲哉著

公開日:  更新日:

 沖縄の米軍基地の県外移設を主張する論考。

 日本は琉球併合以降、辺野古新基地建設の強行にいたるまで、一貫して沖縄を自己利益のために利用してきたと批判。日米安保体制・自衛隊・憲法9条の3点セットで成り立ってきた戦後日本の平和は、沖縄を犠牲とすることで初めて可能だったのではないかと問いかけ、沖縄を利用し、犠牲にしてきた「本土」側の責任を考える。沖縄に米軍基地が集中する歴史と構造を改めて振り返り、基地を巡るさまざまな言説を読み解き、日本人に広がる無意識的な沖縄差別・植民地主義の浸透を指摘。安全保障の代価を沖縄に押し付けず、今こそ基地の県外移設を真剣に考えるべきだと説く。(集英社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る