「入りにくいけど素敵な店」木村悦子著

公開日: 更新日:

 入り口のドアを開けるのにちょっと、いや、かなり勇気が必要な店を紹介する面白ガイドブック。

 JR常磐線・三河島駅の住宅街の中にある「DonDon館」は、一見すると普通の民家だが、入り口付近は植木や電飾などでド派手に装飾されている。おまけに入り口には、「知的美男&美女のみ入店OK?」との看板が下がっている。しかし、勇気を出して入れば、味はもちろん店内にはさまざまなサプライズが仕掛けられ、リピーターになってしまうこと請け合いという。こうした個性的な飲食店から、自称宇宙人が経営する四谷三丁目駅の古物商「宇宙村」、オーダーメードで何でも作ってくれる象牙店などの専門店まで20余軒を訪ね歩く。(交通新聞社 1200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る