金魚姫 荻原浩著

公開日: 更新日:

 仏壇仏具販売会社に勤務する江沢は、ブラックな上司と失恋で心身共に疲弊し、睡眠導入剤と酒が手放せない。死ぬことばかりを考えていたが、ある夜、迷い込んだお祭りで一匹の流金をすくい、持ち帰る。古本屋で見つけた「金魚傳」をたよりに飼育を始めたところ、突然、水を滴らせた美女が現れる。幻覚かと思ったが、美女は水槽から抜け出した流金のようだった。夢かうつつか、分からぬまま逃げるように仕事に出かけると、セールス先の霊園で老婆と知り合う。翌日、仏壇を買ってくれるというその老婆の家を訪ねると、応対に出てきた娘らしき人物から、母親は3週間前に死んだと言われる。

 金魚の化身との共同生活を描いた長編小説。(KADOKAWA 1700円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  4. 4

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  7. 7

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  8. 8

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  9. 9

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る