「狼たちは天使の匂い」町山智浩著

公開日: 更新日:

 雑誌「映画秘宝」の名物編集者として斜陽著しい映画界で怪気炎を吐いた著者。いまは米国在住の映画評論家としてマイナーなドキュメンタリー映画を次々紹介するなど、独自のスタンスに立つ。そんな著者の「我が偏愛のアクション映画」論集。

 表紙の絵からしてチャールズ・「マンダム」・ブロンソンにリー・マービン。ほかにリチャード・ウィドマーク「刑事マディガン」、ロバート・カルプ「殺人者にラブ・ソングを」、オリバー・リード「電撃脱走・地獄のターゲット」など知る人ぞ知るアクション映画の名品が愛着こめて語られる。一介の映画ファンの魂をつらぬく姿勢がいい。(洋泉社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る