「狼たちは天使の匂い」町山智浩著

公開日:  更新日:

 雑誌「映画秘宝」の名物編集者として斜陽著しい映画界で怪気炎を吐いた著者。いまは米国在住の映画評論家としてマイナーなドキュメンタリー映画を次々紹介するなど、独自のスタンスに立つ。そんな著者の「我が偏愛のアクション映画」論集。

 表紙の絵からしてチャールズ・「マンダム」・ブロンソンにリー・マービン。ほかにリチャード・ウィドマーク「刑事マディガン」、ロバート・カルプ「殺人者にラブ・ソングを」、オリバー・リード「電撃脱走・地獄のターゲット」など知る人ぞ知るアクション映画の名品が愛着こめて語られる。一介の映画ファンの魂をつらぬく姿勢がいい。(洋泉社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る