「山崎豊子先生の素顔」野上孝子著

公開日: 更新日:

 52年の長きにわたって、国民的作家・山崎豊子に伴走し、支え続けた秘書が、「先生」との波瀾万丈の日々を回想している。

 先生は大阪・船場の老舗昆布問屋のいとはんで、毎日新聞の記者をしながら小説を書き始め、「花のれん」で直木賞を受賞、作家として順調なスタートを切っていた。男兄弟に囲まれて育ったせいか、気にいらないことがあると、乱暴な男言葉で新米秘書を容赦なく怒鳴りつける。自己中心的で、せっかちで、思い立ったら即行動。「意見なき者は去れ」が口癖で、秘書にも意見を求める。怖くて緊張の日々だったが、どこかチャーミングで憎めない。おしゃれで面食い。ご主人は面長で物静かなイケメンだった。

 正義感が強く、権力の横暴を憎む先生は、「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「二つの祖国」「大地の子」と、重いテーマを据えたスケールの大きい長編に次々に挑む。テーマを見つけると取材の鬼と化し、豊富な人脈と作家としての実績を武器にアポをとりつける。どんな大物が相手でも臆することがない。作品のモデルとなる人物の過酷な体験談に涙することもあった。作品の舞台をこの目で確かめようと、シベリアだろうが中東の砂漠だろうが、どこへでも出かけていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る