「山崎豊子先生の素顔」野上孝子著

公開日:  更新日:

 52年の長きにわたって、国民的作家・山崎豊子に伴走し、支え続けた秘書が、「先生」との波瀾万丈の日々を回想している。

 先生は大阪・船場の老舗昆布問屋のいとはんで、毎日新聞の記者をしながら小説を書き始め、「花のれん」で直木賞を受賞、作家として順調なスタートを切っていた。男兄弟に囲まれて育ったせいか、気にいらないことがあると、乱暴な男言葉で新米秘書を容赦なく怒鳴りつける。自己中心的で、せっかちで、思い立ったら即行動。「意見なき者は去れ」が口癖で、秘書にも意見を求める。怖くて緊張の日々だったが、どこかチャーミングで憎めない。おしゃれで面食い。ご主人は面長で物静かなイケメンだった。

 正義感が強く、権力の横暴を憎む先生は、「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「二つの祖国」「大地の子」と、重いテーマを据えたスケールの大きい長編に次々に挑む。テーマを見つけると取材の鬼と化し、豊富な人脈と作家としての実績を武器にアポをとりつける。どんな大物が相手でも臆することがない。作品のモデルとなる人物の過酷な体験談に涙することもあった。作品の舞台をこの目で確かめようと、シベリアだろうが中東の砂漠だろうが、どこへでも出かけていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る