「もっと遠くへ」王貞治著

公開日: 更新日:

 ホームランの魅力にとりつかれ、前人未到の記録を達成した球界のスーパースターが、野球ひと筋の半生を語る。

 父・王仕福は中国の貧しい山村の出。若くして日本に出稼ぎに来て、墨田区で中華料理店「五十番」を開いた。末っ子の貞治は野球の才に恵まれ、中学生のとき入った地域のチームでは中学生離れしたサウスポーとして知られるようになっていた。

 ある日、公園で試合をしていると、自転車で通りかかった見知らぬおじさんが言った。「ちょっと待って。坊や、左で打ってごらん」。「ハイッ」と言うと、14歳の貞治少年はいきなりパカーンと大きく打った。後に師匠となる荒川博との運命の出会いだった。

 早稲田実業から巨人入りし、投手から打者に転向。しかしプロの世界は厳しく、「王、王、三振王」のヤジが飛んだ。折から打撃コーチに就任した荒川の自宅に通い詰め、特訓を受けて一本足打法にたどりつく。真剣でわら束を切るなどの特殊な練習で培った集中法を打撃に応用した。ホームランに開眼した王は、「意識のなかで、バットで球に切り込み、真っ二つにするイメージを持っていた」という。18.44メートルの距離を隔てて、打者と投手は命のやりとりをする。まさしく真剣勝負。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

人気キーワード