「もっと遠くへ」王貞治著

公開日:  更新日:

 ホームランの魅力にとりつかれ、前人未到の記録を達成した球界のスーパースターが、野球ひと筋の半生を語る。

 父・王仕福は中国の貧しい山村の出。若くして日本に出稼ぎに来て、墨田区で中華料理店「五十番」を開いた。末っ子の貞治は野球の才に恵まれ、中学生のとき入った地域のチームでは中学生離れしたサウスポーとして知られるようになっていた。

 ある日、公園で試合をしていると、自転車で通りかかった見知らぬおじさんが言った。「ちょっと待って。坊や、左で打ってごらん」。「ハイッ」と言うと、14歳の貞治少年はいきなりパカーンと大きく打った。後に師匠となる荒川博との運命の出会いだった。

 早稲田実業から巨人入りし、投手から打者に転向。しかしプロの世界は厳しく、「王、王、三振王」のヤジが飛んだ。折から打撃コーチに就任した荒川の自宅に通い詰め、特訓を受けて一本足打法にたどりつく。真剣でわら束を切るなどの特殊な練習で培った集中法を打撃に応用した。ホームランに開眼した王は、「意識のなかで、バットで球に切り込み、真っ二つにするイメージを持っていた」という。18.44メートルの距離を隔てて、打者と投手は命のやりとりをする。まさしく真剣勝負。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る