「もっと遠くへ」王貞治著

公開日: 更新日:

 ホームランの魅力にとりつかれ、前人未到の記録を達成した球界のスーパースターが、野球ひと筋の半生を語る。

 父・王仕福は中国の貧しい山村の出。若くして日本に出稼ぎに来て、墨田区で中華料理店「五十番」を開いた。末っ子の貞治は野球の才に恵まれ、中学生のとき入った地域のチームでは中学生離れしたサウスポーとして知られるようになっていた。

 ある日、公園で試合をしていると、自転車で通りかかった見知らぬおじさんが言った。「ちょっと待って。坊や、左で打ってごらん」。「ハイッ」と言うと、14歳の貞治少年はいきなりパカーンと大きく打った。後に師匠となる荒川博との運命の出会いだった。

 早稲田実業から巨人入りし、投手から打者に転向。しかしプロの世界は厳しく、「王、王、三振王」のヤジが飛んだ。折から打撃コーチに就任した荒川の自宅に通い詰め、特訓を受けて一本足打法にたどりつく。真剣でわら束を切るなどの特殊な練習で培った集中法を打撃に応用した。ホームランに開眼した王は、「意識のなかで、バットで球に切り込み、真っ二つにするイメージを持っていた」という。18.44メートルの距離を隔てて、打者と投手は命のやりとりをする。まさしく真剣勝負。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード