「うらやましい人生」ミッツ・マングローブ著

公開日:  更新日:

「何にも縛られず、自分に正直で、堂々と生きているミッツさんて、うらやましい!」

 そんな言葉を投げかけられると、伸ばした背中を丸めたくなる。だって「男のできそこない・女のなりそこない・ゲイの落ちこぼれ」という3種盛りの完成形が私なのだから──。

 40歳になったミッツ・マングローブの自伝。子ども時代、ロンドン暮らし、音楽、女装人生、恋愛などについて語り、「普通ではない」人生を初めて明かした。

 本名は徳光修平。父親は伊勢丹の宣伝部、母親は元博報堂のコピーライターで、生家は横浜。ハイセンスなイケイケ夫婦の間に生まれた修平は、体が大きく、言葉も早く、いわゆる「賢い坊や」だった。紛れもない男として生まれ育ちながら、成長するにつれて、普通ではない自分に戸惑う。

「僕」や「俺」が言えない。男の服が似合わない。セクシュアリティーは「男として同性が好きな同性愛者」。女の心を持っているわけでもなければ、女になりたいわけでもない。しかし、小さいころからの女装癖は強まるばかり。「女装が好きな男性同性愛者」という立ち位置は複雑だ。ロールモデルのない人生をひとり手探りするうちに、徳光修平の存在がだんだん薄くなり、ミッツ・マングローブに取って代わられることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る