俺の時代はまだ終わっていない

公開日:  更新日:

「ウサイン・ボルト自伝」ウサイン・ボルト著、生島淳訳

 ジャマイカのトレローニーは、緑ゆたかな農村地帯。この地に生まれたウサインは、幼いころからエネルギーに満ちあふれ、1秒たりともじっとしていないヤンチャ坊主だった。野生林を遊び場にのびのび育った少年は、どのようにして「世界最速の男」になったのか。ウサイン・ボルト自身が、その半生を開けっ広げに語っている。

 ジャマイカは陸上が盛んな国だが、自分から陸上選手を目指したわけではない。クリケットに夢中だった小学生のウサインにスプリンターの素質を見いだしたのは学校の先生だった。先生の目に狂いはなかった。自国のレースで頭角を現し、15歳で世界ジュニア選手権200メートルの王者になった。

 ところが、ウサインは練習嫌い。コーチは厳し過ぎるとこぼし、練習をサボってはゲーセンに入り浸る。高校では学業成績が振るわず、留年寸前。それでもレースには勝ち続け、活躍の場を世界に広げていく。天賦の才に加えて「負ける自分が金輪際許せない」という負けず嫌いがウサインを強くした。脊椎側弯症と診断され、しばらくレースから遠ざかったが、コーチや医師の支えもあって、自分の肉体と向き合い、スプリンターとして目覚めていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る