「とっぴんぱらりの風太郎」万城目学著

公開日: 更新日:

<命を賭すべきものを見つけたとき、人は変わる>

 関ケ原の戦いが終わり、世の中が一応平穏を取り戻したころのこと。主人公の風太郎(ぷうたろう)は、伊賀の忍びの元締、采女(うねめ)が取り仕切る柘植(つげ)屋敷で、地獄のような忍者修行に明け暮れていた。

 同期生は個性派揃い。若いくせにどじょうひげを生やした嫌みな蝉、南蛮育ちで、のんびりマイペースな黒弓、クールで美貌の常世(とこよ)、これまた美貌で神出鬼没な百(もも)。互いに切磋琢磨していたが、実地訓練で失敗をしでかした風太郎は屋敷を追われ、あてもなく京に上る。だが、戦のない世に忍びのニーズはなく、プータロー状態。ひょんなことから、畑でひょうたんを育てる羽目になる。

 著者初の時代小説は、750ページに及ぶ一大巨編。現代のニートな若者を400年前にタイムスリップさせたようなコミカルなノリだが、やがて風太郎と仲間たちは、歴史の大舞台に立たされることになる。

 ひさご様と呼ばれる風変わりな貴人、妖しい力を持つ因心居士など、特異なキャラが絡み合い、舞台は大坂城へ。

 命を賭すべきものを見つけたとき、人は変わる。がんばれ、風太郎! 手に汗にぎるクライマックスが待っている。
(文藝春秋 1900円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る

人気キーワード