「とっぴんぱらりの風太郎」万城目学著

公開日:  更新日:

<命を賭すべきものを見つけたとき、人は変わる>

 関ケ原の戦いが終わり、世の中が一応平穏を取り戻したころのこと。主人公の風太郎(ぷうたろう)は、伊賀の忍びの元締、采女(うねめ)が取り仕切る柘植(つげ)屋敷で、地獄のような忍者修行に明け暮れていた。

 同期生は個性派揃い。若いくせにどじょうひげを生やした嫌みな蝉、南蛮育ちで、のんびりマイペースな黒弓、クールで美貌の常世(とこよ)、これまた美貌で神出鬼没な百(もも)。互いに切磋琢磨していたが、実地訓練で失敗をしでかした風太郎は屋敷を追われ、あてもなく京に上る。だが、戦のない世に忍びのニーズはなく、プータロー状態。ひょんなことから、畑でひょうたんを育てる羽目になる。

 著者初の時代小説は、750ページに及ぶ一大巨編。現代のニートな若者を400年前にタイムスリップさせたようなコミカルなノリだが、やがて風太郎と仲間たちは、歴史の大舞台に立たされることになる。

 ひさご様と呼ばれる風変わりな貴人、妖しい力を持つ因心居士など、特異なキャラが絡み合い、舞台は大坂城へ。

 命を賭すべきものを見つけたとき、人は変わる。がんばれ、風太郎! 手に汗にぎるクライマックスが待っている。
(文藝春秋 1900円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る