「清正を破った男」矢野隆著

公開日:  更新日:

 肥後に侵攻してきた島津軍に囲まれた赤井城の城主・木山弾正惟久は、妻のお京と息子・五郎を守るため、城を捨て、自ら敵陣の中に切り込む。九死に一生を得た一行は、お京の兄・種元を頼って天草にたどり着く。

 天草を治める5人の城主のひとりである種元の援助を受け、客将として暮らす弾正は、武勲よりも家族を優先した自分の選択が正しかったのか悩む。

 1年後、九州統一を目前にした島津家と大友家との最後の決戦が迫る中、秀吉が18万の軍勢を連れて、九州に向かって出陣したとの報が入る。

 愛に生きる弾正と武勲に生きる加藤清正の出会いと戦いを描く時代長編。(講談社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る