「清正を破った男」矢野隆著

公開日: 更新日:

 肥後に侵攻してきた島津軍に囲まれた赤井城の城主・木山弾正惟久は、妻のお京と息子・五郎を守るため、城を捨て、自ら敵陣の中に切り込む。九死に一生を得た一行は、お京の兄・種元を頼って天草にたどり着く。

 天草を治める5人の城主のひとりである種元の援助を受け、客将として暮らす弾正は、武勲よりも家族を優先した自分の選択が正しかったのか悩む。

 1年後、九州統一を目前にした島津家と大友家との最後の決戦が迫る中、秀吉が18万の軍勢を連れて、九州に向かって出陣したとの報が入る。

 愛に生きる弾正と武勲に生きる加藤清正の出会いと戦いを描く時代長編。(講談社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

  9. 9

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

  10. 10

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る