「戦国合戦 通説を覆す」工藤健策著

公開日: 更新日:

 戦国時代の有名な8つの戦いを再検証する歴史読み物。

 小説やドラマで幾度となく描かれた川中島の戦いでは、謙信は「車懸かり」の戦法で攻撃し、信玄は「鶴翼の陣」で防ぎ、ついには両武将が一騎打ちしたとされる。しかし、これらはすべて江戸初期の軍学書「甲陽軍鑑」の記述がもとになっており、事実だと証明することはできない。著者は、周辺の地勢や当日の天候、さらに歴史の流れなどを勘案しながら合戦を一から見直し、朝霧で周囲もよく見えず、足場の悪い中で車懸かりや鶴翼の陣形が取れるわけもないと看破。その他、秀吉の中国大返しや大坂夏の陣での真田幸村の本陣突入など、歴史の真相を理詰めで推理。

(草思社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る

人気キーワード