「戦国合戦 通説を覆す」工藤健策著

公開日:  更新日:

 戦国時代の有名な8つの戦いを再検証する歴史読み物。

 小説やドラマで幾度となく描かれた川中島の戦いでは、謙信は「車懸かり」の戦法で攻撃し、信玄は「鶴翼の陣」で防ぎ、ついには両武将が一騎打ちしたとされる。しかし、これらはすべて江戸初期の軍学書「甲陽軍鑑」の記述がもとになっており、事実だと証明することはできない。著者は、周辺の地勢や当日の天候、さらに歴史の流れなどを勘案しながら合戦を一から見直し、朝霧で周囲もよく見えず、足場の悪い中で車懸かりや鶴翼の陣形が取れるわけもないと看破。その他、秀吉の中国大返しや大坂夏の陣での真田幸村の本陣突入など、歴史の真相を理詰めで推理。

(草思社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る