家族の崩壊と愛情が描かれている極上ミステリー

公開日:  更新日:

「声」アーナルデュル・インドリダソン、柳沢由実子訳

 アイスランドは、国土のほとんどが氷河で覆われている人口32万人の小国だ。小国であるにもかかわらず、豊かな経済と高い文化を誇っている。アーナルデュル・インドリダソンは、アイスランドが生んだ国際的に著名なミステリー作家だ。

 舞台はクリスマス時期のレイキャビク(アイスランドの首都)だ。シティーホテルの地下室で、ドアマンのグドロイグルが殺された。地味で誰も関心を払わない男だが、子ども好きで、毎年クリスマスにはサンタクロースに扮していた。殺されたときもサンタクロース姿だった。

 殺人担当の刑事エーレンデュルは、グドロイグルの過去を徹底的に調べる。そこで明らかになったのは、この男がかつて著名なボーイソプラノ歌手でレコードを2枚出した。しかし、声変わりによりチャンスを逸し、その後は転落の人生を歩んでいったという事実だった。父親の息子にかける過剰な期待、それに対する息子の反発と暴力、家庭崩壊、姉と弟の絆など人間のドラマをインドリダソンは見事な筆致で描いていく。同時にそれが、家庭が崩壊し娘が麻薬依存になっているエーレンデュルの状況と重なる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る