単なる「差別ババア」ではないことに気づく

公開日: 更新日:

「人間の分際」曽野綾子著

 昨今の曽野綾子氏といえば、多くのネットユーザーからは「『出産したら会社辞めろ』と言った婆さん」や「アパルトヘイト容認差別ババア」といったイメージを持たれている。

 それは、2013年以降、曽野氏が紙媒体に書いたものが何度かネットに転載され、読者層が幅広いネットユーザーを激怒させたことに起因する。「紙媒体に閉じこもる」ということが不可能になったことの象徴的なできごとである。

 しかしながら、ネットの炎上というものは、ネガティブな面を探すことだけに躍起になりがち。だからこそ多くのユーザーは曽野氏がバチカン有功十字勲章を受章したり、世界各国でNGO活動を展開したり、吉川英治文化賞や菊池寛賞を受賞し、文化功労者にも選ばれている事実を知らない。

 ただの「口の悪い保守派のババア」「女老害界のラスボス」といった扱いを完全に獲得した感がある。しかし、実際に同氏の文章を読んでみると、含蓄に富んだものが多く、常識的なものがあることに気付く。だからこそ、多数の連載を御年83にして持ち続けているのだろう。私自身、政治的思想はないし、キリスト教徒でもないが、案外曽野氏の文章は昔から納得することが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る