• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

単なる「差別ババア」ではないことに気づく

「人間の分際」曽野綾子著

 昨今の曽野綾子氏といえば、多くのネットユーザーからは「『出産したら会社辞めろ』と言った婆さん」や「アパルトヘイト容認差別ババア」といったイメージを持たれている。

 それは、2013年以降、曽野氏が紙媒体に書いたものが何度かネットに転載され、読者層が幅広いネットユーザーを激怒させたことに起因する。「紙媒体に閉じこもる」ということが不可能になったことの象徴的なできごとである。

 しかしながら、ネットの炎上というものは、ネガティブな面を探すことだけに躍起になりがち。だからこそ多くのユーザーは曽野氏がバチカン有功十字勲章を受章したり、世界各国でNGO活動を展開したり、吉川英治文化賞や菊池寛賞を受賞し、文化功労者にも選ばれている事実を知らない。

 ただの「口の悪い保守派のババア」「女老害界のラスボス」といった扱いを完全に獲得した感がある。しかし、実際に同氏の文章を読んでみると、含蓄に富んだものが多く、常識的なものがあることに気付く。だからこそ、多数の連載を御年83にして持ち続けているのだろう。私自身、政治的思想はないし、キリスト教徒でもないが、案外曽野氏の文章は昔から納得することが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る