【イスラムとは何か】イスラムの台頭はテロの増大だけにとどまらない。いまこそ正面からイスラムに向かい合うときだ。

公開日:  更新日:

「『格差拡大』とイスラム教」保坂俊司著

 現在、世界におけるイスラム人口は約15.5億人で総人口の約22%。これが10年後には25%を超える見込みだという。その勢いが続けば、近い将来、世界人口の3人に1人がイスラム教徒という時代がやってくるのだ。

 これをふまえ、21世紀は「イスラム台頭の世紀」になると予測するのが本書の著者。これまでの近代文明は宗教を「文化の一部」に過ぎないとして矮小化し、無頓着に扱ってきた。しかし21世紀型の文明では宗教が政治や経済と密接に関わる。この新しい文明のパラダイムモデルを提唱するのが本書の狙いだ。

 著者が参照するのは“新世紀の資本論”として世評高いT・ピケティの理論。近代以前、アジアの人口は世界の6割、生産性は65%。ヨーロッパの人口は2割、生産性は30%だった。しかし産業革命以後、欧米の生産力は急上昇し、世界の一部人口が富を独占する体制になった。つまり世界規模の経済格差が恒常化したのが近代だったのだ。これが急速に崩壊しつつあるのが現代。ではその未来は……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る