• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スクランブル 不死身のイーグル」夏見正隆著

 航空自衛隊第307飛行隊第4飛行班(F15イーグル)の風谷は、女性班長の美砂生と後輩の黒羽、そして同期の菅野とともに小松基地を飛び立つ。戦技競技会で飛行教導隊と対戦し全滅させた4人の噂を聞きつけ、アメリカ空軍が自軍のF22ラプターと訓練させたいと、DACT(異機種間模擬格闘戦訓練)を申し入れてきたためだ。

 空自は、MSIP改修機やヘルメット・マウント・ディスプレーなどの新装備を試すつもりだ。防衛省技術研究本部の真田の説明によると、風谷らが搭乗する改修機は、F22などのステルス機の探知が可能だというが、4人は探知しても分からないふりをし続けろと指示を受けていた。

 人気「スクランブル」シリーズ最新刊。

(徳間書店 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る