「スクランブル 不死身のイーグル」夏見正隆著

公開日: 更新日:

 航空自衛隊第307飛行隊第4飛行班(F15イーグル)の風谷は、女性班長の美砂生と後輩の黒羽、そして同期の菅野とともに小松基地を飛び立つ。戦技競技会で飛行教導隊と対戦し全滅させた4人の噂を聞きつけ、アメリカ空軍が自軍のF22ラプターと訓練させたいと、DACT(異機種間模擬格闘戦訓練)を申し入れてきたためだ。

 空自は、MSIP改修機やヘルメット・マウント・ディスプレーなどの新装備を試すつもりだ。防衛省技術研究本部の真田の説明によると、風谷らが搭乗する改修機は、F22などのステルス機の探知が可能だというが、4人は探知しても分からないふりをし続けろと指示を受けていた。

 人気「スクランブル」シリーズ最新刊。

(徳間書店 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  6. 6

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  7. 7

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

  8. 8

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    日本「GoTo」4事業なぜ強行?“第1波”対策失敗を専門家指摘

もっと見る

人気キーワード