「スクランブル 不死身のイーグル」夏見正隆著

公開日:  更新日:

 航空自衛隊第307飛行隊第4飛行班(F15イーグル)の風谷は、女性班長の美砂生と後輩の黒羽、そして同期の菅野とともに小松基地を飛び立つ。戦技競技会で飛行教導隊と対戦し全滅させた4人の噂を聞きつけ、アメリカ空軍が自軍のF22ラプターと訓練させたいと、DACT(異機種間模擬格闘戦訓練)を申し入れてきたためだ。

 空自は、MSIP改修機やヘルメット・マウント・ディスプレーなどの新装備を試すつもりだ。防衛省技術研究本部の真田の説明によると、風谷らが搭乗する改修機は、F22などのステルス機の探知が可能だというが、4人は探知しても分からないふりをし続けろと指示を受けていた。

 人気「スクランブル」シリーズ最新刊。

(徳間書店 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る