「たった一晩で疲れをリセットする睡眠術」石川泰弘著

公開日: 更新日:

 アスリートたちが体のメンテナンス方法として食事やマッサージなどと同様に重要視していること。それが、良質の睡眠をとることだ。

 彼らの平均睡眠時間は8時間4分と、東京のビジネスマンより2時間以上長いことも明らかになっている。本書では、アスリートたちが実践する睡眠術を中心に、ぐっすりと眠るためのさまざまな方法を紹介している。

 明日のために早く眠ろうとしても眠れないときには、じっと目を閉じているよりも難しい本を読んでみるとよい。安静時でも脳で消費されるカロリーは体全体の20%にも及ぶため、脳が疲労して眠気を誘う。あるいは、読み飽きた漫画を読むのもお勧め。先の展開が分かるため気持ちがリラックスし、眠気につながるはずだ。(日本文芸社 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード