• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「病があるから素敵な人生」けん三(下田憲)著

 北海道の富良野駅から汽車でおよそ50分。映画「鉄道員(ぽっぽや)」の撮影地として知られる過疎の町・南富良野町幾寅に、著者が開業した「けん三のことば館クリニック」がある。ユニークな病院名の通り、院内のいたるところに言葉の額が掲げられている。

 そこに記されているのは、すべて患者から受け取った“心の声”だという。本書には、「やっぱり独りで生きてはいない そばに居るあなたの笑顔に支えられてる」「老いてなお わたしが子らにできること元気で長生きすることだなあ」など、患者の心に寄り添う89詩が収められている。

 著者が目指すのは、“安上がりの医療”。毎日40人ほどの患者に、無償のはり治療も行っている。病を治し、傷を癒やす力について考えさせられる。

(幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る