「病があるから素敵な人生」けん三(下田憲)著

公開日:  更新日:

 北海道の富良野駅から汽車でおよそ50分。映画「鉄道員(ぽっぽや)」の撮影地として知られる過疎の町・南富良野町幾寅に、著者が開業した「けん三のことば館クリニック」がある。ユニークな病院名の通り、院内のいたるところに言葉の額が掲げられている。

 そこに記されているのは、すべて患者から受け取った“心の声”だという。本書には、「やっぱり独りで生きてはいない そばに居るあなたの笑顔に支えられてる」「老いてなお わたしが子らにできること元気で長生きすることだなあ」など、患者の心に寄り添う89詩が収められている。

 著者が目指すのは、“安上がりの医療”。毎日40人ほどの患者に、無償のはり治療も行っている。病を治し、傷を癒やす力について考えさせられる。

(幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る