「病があるから素敵な人生」けん三(下田憲)著

公開日: 更新日:

 北海道の富良野駅から汽車でおよそ50分。映画「鉄道員(ぽっぽや)」の撮影地として知られる過疎の町・南富良野町幾寅に、著者が開業した「けん三のことば館クリニック」がある。ユニークな病院名の通り、院内のいたるところに言葉の額が掲げられている。

 そこに記されているのは、すべて患者から受け取った“心の声”だという。本書には、「やっぱり独りで生きてはいない そばに居るあなたの笑顔に支えられてる」「老いてなお わたしが子らにできること元気で長生きすることだなあ」など、患者の心に寄り添う89詩が収められている。

 著者が目指すのは、“安上がりの医療”。毎日40人ほどの患者に、無償のはり治療も行っている。病を治し、傷を癒やす力について考えさせられる。

(幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  4. 4

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  9. 9

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  10. 10

    「行列の女神」極寒ロケで鈴木京香が配った手土産の気配り

もっと見る