「その痛みやモヤモヤは『気象病』が原因だった」渡邊章範著

公開日:  更新日:

「雨の日は古傷が痛む」という話は昔からあるが、これは気のせいではなく「気象病」によるものだということが、近年明らかになってきた。気象病には、関節痛や耳鳴りなどのほか、不整脈、高血圧、脳卒中など深刻なものもある。そのメカニズムには気温や湿度も影響を与えるが、とりわけ大きな要因となるのが気圧だ。

 エレベーターで高層階まで上がると耳がキーンとなる。高所では気圧が下がり、耳の中から外へ向かう空気の力が強くなるため、耳の中が膨張してこのような症状が起こる。実は関節、リンパ、血管などでも同じような現象が起きており、自律神経もバランスを崩し、さまざまな不調が表れると考えられているのだ。

 気圧の変化が大きい台風のシーズンは特に気を付けたい。(青春出版社 1280円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る