「本当は怖い肩こり」遠藤健司、三原久範著

公開日:  更新日:

 日本人にとっては国民病ともいえる肩こりだが、マッサージなどをしてもどうせ治らないと諦めている人も多いことだろう。しかし、神経生理学の専門家である著者は、そのメカニズムを徹底的に分析し、医学的根拠に基づいた対処法を伝授している。

 肩こりを和らげる方法といえば、「押す」「揉む」「叩く」だが、実はこれ、肩こりにとってはタブーな行為。

 肩こりは、僧帽筋が緊張し、硬くこわばって乳酸がたまり、筋肉がダメージを受けている状態だ。こんな患部に衝撃を与えれば、さらに症状は悪化してしまうのだという。

 利き手で荷物を持たない、抱き枕を使い横向きで寝る、筋肉の収縮を促すカルシウムとマグネシウムを積極的に取るなど、簡単にできる画期的肩こり解消法が満載だ。(祥伝社 780円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る