「本当は怖い肩こり」遠藤健司、三原久範著

公開日:  更新日:

 日本人にとっては国民病ともいえる肩こりだが、マッサージなどをしてもどうせ治らないと諦めている人も多いことだろう。しかし、神経生理学の専門家である著者は、そのメカニズムを徹底的に分析し、医学的根拠に基づいた対処法を伝授している。

 肩こりを和らげる方法といえば、「押す」「揉む」「叩く」だが、実はこれ、肩こりにとってはタブーな行為。

 肩こりは、僧帽筋が緊張し、硬くこわばって乳酸がたまり、筋肉がダメージを受けている状態だ。こんな患部に衝撃を与えれば、さらに症状は悪化してしまうのだという。

 利き手で荷物を持たない、抱き枕を使い横向きで寝る、筋肉の収縮を促すカルシウムとマグネシウムを積極的に取るなど、簡単にできる画期的肩こり解消法が満載だ。(祥伝社 780円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る