「本当は怖い肩こり」遠藤健司、三原久範著

公開日: 更新日:

 日本人にとっては国民病ともいえる肩こりだが、マッサージなどをしてもどうせ治らないと諦めている人も多いことだろう。しかし、神経生理学の専門家である著者は、そのメカニズムを徹底的に分析し、医学的根拠に基づいた対処法を伝授している。

 肩こりを和らげる方法といえば、「押す」「揉む」「叩く」だが、実はこれ、肩こりにとってはタブーな行為。

 肩こりは、僧帽筋が緊張し、硬くこわばって乳酸がたまり、筋肉がダメージを受けている状態だ。こんな患部に衝撃を与えれば、さらに症状は悪化してしまうのだという。

 利き手で荷物を持たない、抱き枕を使い横向きで寝る、筋肉の収縮を促すカルシウムとマグネシウムを積極的に取るなど、簡単にできる画期的肩こり解消法が満載だ。(祥伝社 780円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る

人気キーワード