• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「1日5分で見た目が10歳若返る!」福辻鋭記著

 仕事でも恋愛でも、初対面の相手に好印象を与えるには“見た目”が重要なウエートを占めるもの。中でも最初に目に入る顔は、常に若々しく整えておきたいものだ。とはいえ、女性のように高級なシワ取りクリームを塗るのはちょっと……という人にお勧めしたいのが、本書で紹介するマッサージだ。

 加齢によるタルミで目尻にシワが増えてきた場合は、これをほぐしてやるだけで目立たなくなる。人さし指と中指、薬指の3本を目尻に当てて真横に引き、指を離して元に戻すのを10回程度、繰り返してみよう。老け顔の象徴ともいわれる口の横のほうれい線は、人さし指で上から下にクルクルと撫でたあと、拳で頬骨の下をグイグイと刺激すればよい。

 1日5分程度で、驚くほど顔が若返るはずだ。(さくら舎 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る