「多縁社会」篠原聡子、空間研究所、アサツーディ・ケイ著

公開日:  更新日:

 東日本大震災の際に多くの日本人は、失われたはずの「縁」がまだ生き続けていることを実感した。本書は、「血縁・地縁・社縁」といった従来の考え方にとらわれない新しい住まい方・暮らし方を実践している人々の姿に、無縁社会に対抗する多縁社会へのヒントを探すリポート。

 両親ではなく姉妹それぞれの家族が同居して、子育てなどを助け合う2世帯住宅をはじめ、独自の通貨を作って食事の準備や子育てを共有化することでお互いの負担を軽減する働く女性のための住宅・コレクティブハウス、急増するシングルペアレントに安心して暮らせる場所と子育て環境を提供する新しい形の賃貸住宅など。そこで暮らす人々を取材し、無縁社会への処方箋を導き出す。(東洋経済新報社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る