「多縁社会」篠原聡子、空間研究所、アサツーディ・ケイ著

公開日: 更新日:

 東日本大震災の際に多くの日本人は、失われたはずの「縁」がまだ生き続けていることを実感した。本書は、「血縁・地縁・社縁」といった従来の考え方にとらわれない新しい住まい方・暮らし方を実践している人々の姿に、無縁社会に対抗する多縁社会へのヒントを探すリポート。

 両親ではなく姉妹それぞれの家族が同居して、子育てなどを助け合う2世帯住宅をはじめ、独自の通貨を作って食事の準備や子育てを共有化することでお互いの負担を軽減する働く女性のための住宅・コレクティブハウス、急増するシングルペアレントに安心して暮らせる場所と子育て環境を提供する新しい形の賃貸住宅など。そこで暮らす人々を取材し、無縁社会への処方箋を導き出す。(東洋経済新報社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    特攻兵士が残した「全体主義の国家は必ず敗れ去ります」の言葉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る