「多縁社会」篠原聡子、空間研究所、アサツーディ・ケイ著

公開日:  更新日:

 東日本大震災の際に多くの日本人は、失われたはずの「縁」がまだ生き続けていることを実感した。本書は、「血縁・地縁・社縁」といった従来の考え方にとらわれない新しい住まい方・暮らし方を実践している人々の姿に、無縁社会に対抗する多縁社会へのヒントを探すリポート。

 両親ではなく姉妹それぞれの家族が同居して、子育てなどを助け合う2世帯住宅をはじめ、独自の通貨を作って食事の準備や子育てを共有化することでお互いの負担を軽減する働く女性のための住宅・コレクティブハウス、急増するシングルペアレントに安心して暮らせる場所と子育て環境を提供する新しい形の賃貸住宅など。そこで暮らす人々を取材し、無縁社会への処方箋を導き出す。(東洋経済新報社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る