「税理士がこっそり教える!相続税がかぎりなくゼロ円になる方法」本郷孔洋著

公開日:  更新日:

 相続税制改正に対応した節税テキスト。

 改正によって基礎控除額が引き下げられ、より多くの人が相続税の申告が必要になった。子供や孫1人につき総額1500万円まで非課税の教育資金や、会社経営者が自社株を継承するときなどに有効な「相続時精算課税制度」(一括して受け取った資産に対する税金の支払いを先送りできる)など、まずは「生前贈与」を活用する方法のメリットや注意点を解説。

 その他、すでに所有しているマイホームの持ち分を配偶者に贈与するなど「不動産」を活用する方法や、次の次まで継承先を決められる「受益者連続型信託」など「民事信託」を活用する方法まで。多様なテクニックを実践的に解説。(宝島社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る