「核の時代70年」川名英之著

公開日:  更新日:

 核兵器廃絶は人類の悲願だが、その削減は一向に進んでいない。本書は、「核の時代」の起点となった広島・長崎の被爆の実態と、この70年の核兵器問題の経過を検証したリポート。

 1938年にウラン235に中性子を照射すれば核分裂が起こり、莫大なエネルギーが放出されることが分かった。この発見からわずか7年後に人類史上最初の原爆が使用された。広島・長崎の犠牲者は昨夏時点で45万人を超える。これは投下直後の犠牲者数から2倍以上に増えたことになり、被ばくによる放射線障害の恐ろしさを表している。原爆投下までの経緯から、米ソによる核軍拡競争や、人類滅亡の瀬戸際だったキューバ危機など、災いの歴史を追い、核廃絶の道を展望する。(緑風出版 2800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る