• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「核の時代70年」川名英之著

 核兵器廃絶は人類の悲願だが、その削減は一向に進んでいない。本書は、「核の時代」の起点となった広島・長崎の被爆の実態と、この70年の核兵器問題の経過を検証したリポート。

 1938年にウラン235に中性子を照射すれば核分裂が起こり、莫大なエネルギーが放出されることが分かった。この発見からわずか7年後に人類史上最初の原爆が使用された。広島・長崎の犠牲者は昨夏時点で45万人を超える。これは投下直後の犠牲者数から2倍以上に増えたことになり、被ばくによる放射線障害の恐ろしさを表している。原爆投下までの経緯から、米ソによる核軍拡競争や、人類滅亡の瀬戸際だったキューバ危機など、災いの歴史を追い、核廃絶の道を展望する。(緑風出版 2800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る