• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「増補新版 毒ガスの島」樋口健二著

 戦時中、日本軍は瀬戸内海に浮かぶ大久野島で極秘に毒ガス兵器を製造。何も知らされず島で働かされた6000人もの人々は、戦後、不治の毒ガス後遺症に苦しめられたが、国は責任を回避し、多くが補償も受けられず死んでいった。

 本書は、その大久野島の毒ガス製造工廠の実態を告発した32年前のドキュメンタリー写真集の増補新版。1970年、まだ島にたくさん残っていた毒ガス製造工廠の遺構の数々をはじめ、国民休暇村に指定され、過去を知らずに観光客が訪れていた1980年代の島の様子、元労働者たちの生々しい証言とポートレート、そして多くの遺構が風化して歴史の闇に葬られようとしている現在の姿まで。隠蔽され続けてきた国家の犯罪を暴く。(こぶし書房 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る