• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「国立科学博物館のひみつ」成毛眞、折原守著

 前副館長の折原氏の案内で国立科学博物館を楽しみ尽くすガイドブック。

 上野駅から歩いて5分。来館者を出迎えてくれるのは世界最大の動物シロナガスクジラの実物大レプリカだ。お薦めコースの日本館3階から見学をスタートすると、樹齢1600年の屋久杉の切り株にはじまり、生き物の標本、いん石、ナウマンゾウや恐竜などの化石から動物の剥製まで。さまざまな展示物で日本の成り立ちから動植物の生態、自然環境などが学べるようになっている。コースを巡りながら展示の意図や隠された工夫を解説する。

 さらに430万点に及ぶという膨大な同館のコレクションを管理する非公開の施設にも潜入。見学が100倍楽しくなるサブテキストだ。(ブックマン社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る