• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「国立科学博物館のひみつ」成毛眞、折原守著

 前副館長の折原氏の案内で国立科学博物館を楽しみ尽くすガイドブック。

 上野駅から歩いて5分。来館者を出迎えてくれるのは世界最大の動物シロナガスクジラの実物大レプリカだ。お薦めコースの日本館3階から見学をスタートすると、樹齢1600年の屋久杉の切り株にはじまり、生き物の標本、いん石、ナウマンゾウや恐竜などの化石から動物の剥製まで。さまざまな展示物で日本の成り立ちから動植物の生態、自然環境などが学べるようになっている。コースを巡りながら展示の意図や隠された工夫を解説する。

 さらに430万点に及ぶという膨大な同館のコレクションを管理する非公開の施設にも潜入。見学が100倍楽しくなるサブテキストだ。(ブックマン社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る