「国立科学博物館のひみつ」成毛眞、折原守著

公開日: 更新日:

 前副館長の折原氏の案内で国立科学博物館を楽しみ尽くすガイドブック。

 上野駅から歩いて5分。来館者を出迎えてくれるのは世界最大の動物シロナガスクジラの実物大レプリカだ。お薦めコースの日本館3階から見学をスタートすると、樹齢1600年の屋久杉の切り株にはじまり、生き物の標本、いん石、ナウマンゾウや恐竜などの化石から動物の剥製まで。さまざまな展示物で日本の成り立ちから動植物の生態、自然環境などが学べるようになっている。コースを巡りながら展示の意図や隠された工夫を解説する。

 さらに430万点に及ぶという膨大な同館のコレクションを管理する非公開の施設にも潜入。見学が100倍楽しくなるサブテキストだ。(ブックマン社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    町の皆が手話を習う理由は…2歳の女の子と友達になるため

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    100歳&89歳夫婦を手助け 心優しき若者3人の動画が急拡散

  10. 10

    広島誠也が独占激白 “丸抜き4番”の重圧と兄貴分への思い

もっと見る