• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「プラットフォーム」ミシェル・ウエルベック著 中村佳子訳

 父親の遺産を手にした40歳のミシェルは、バカンスを申請して、ツアー旅行でタイに向かう。文化省に勤務しているが仕事にも情熱を抱けず、人生を諦めているミシェルにとって、観光は二の次で、旅に求めるのはフェラチオとすてきなセックスがおまけについた清廉なボディーマッサージだけ。しかし、旅が進む中、同じツアーに単身で参加しているヴァレリーに次第に心が奪われていく。旅の終わり、柄にもなくミシェルはヴァレリーにパリでの再会を求める。パリに戻り、快楽をむさぼり合うようにセックスを重ねる2人は、売春ツアーを企画するが……。

 ベストセラー「素粒子」の著者が、現代の愛と性を描いた問題作。(河出書房新社 1200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る