秀吉はいつ知ったか 山田風太郎著

公開日: 更新日:

 天才伝奇小説家の発想の源を垣間見ることができるエッセー集。

 表題作は、秀吉の中国大返しがテーマ。天正10年6月2日に本能寺の変が勃発。史実によると、毛利征伐に出撃して岡山の小城高松城を水攻め中の秀吉にその第1報が届いたのが、3日の亥の刻(午後10時ごろ)とある。毛利との和議を成立させた秀吉は、4日の午前10時に高松城の城主・清水宗治の切腹を見届け、午後8時に撤退を開始する。史実通りなら、秀吉は夜中に毛利と談判をしたことになり、著者は毛利との交渉は3日の昼の間に行われたと推測。使者が50里以上の道程を一人で駆け抜けてきたことにも疑問を呈し、秀吉が光秀を操っていたと結論付ける。(筑摩書房 820円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る

人気キーワード